テレビなどで紹介され、ずっと気になっていた話題の『雲丹ローストビーフ丼』を遂に食べに行ってきましたYO!

雲丹ローストビーフ丼』は名前から想像できる通りただのローストビーフ丼ではありません

雲丹(うに)が乗ってます。

雲丹ですよ!うに!UNI!逆から読んだらINU!ワンダフル!想像しただけで涎がでてきそうです。

その『雲丹ローストビーフ丼』がこれだ!

雲丹ローストビーフ丼

うまそう…。敷き詰められたローストビーフ…。上に乗った雲丹…。さらに卵黄まで…。最高のビジュアルです。

ゴッチーズ・ビーフの『雲丹ローストビーフ丼』は店舗限定&ランチ限定

雲丹ローストビーフ丼』は、熟成ステーキ専門店「Gottie's BEEF(ゴッチーズ・ビーフ)」で食べることができる一品で、ランチメニュー限定で提供されています。さらに、提供店舗も限られているんです。

Gottie's BEEF(ゴッチーズ・ビーフ)」は全国に13店舗もある人気店で、廃墟とも呼ばれたアノ「ピエリ守山」にも出店。ピエリ守山…今はどんな感じなんですかね…。

その13店舗の中でも、『雲丹ローストビーフ丼』を食べることが出来るのは東京・京都・大阪・愛知にある下記の9店舗だけなのです!(2016年10月21日現在)

【東京】GEMS大門/池袋西口/銀座ベルビア館/高田馬場
【京都】四条木屋町
【大阪】堺筋本町/淀屋橋odona
【愛知】テレビ塔前/KITTE名古屋

今回、東京は銀座の「Gottie’s BEEF 銀座ベルビア館」のランチタイムにお邪魔しました!

ゴッチーズ・ビーフの『雲丹ローストビーフ丼』を実食!

銀座駅から歩くこと数分、"大人のカップルが楽しめる上質な空間"をコンセプトにした商業施設「銀座ベルビア館」にハレルヤ編集部の男二人で行ってまいりました。

ランチタイムではありましたが14時過ぎだったため、人も比較的少なくすんなり入店。銀座というのと、お安い店ではないので少し緊張していましたが、店内はオープンで明るい音楽が流れたカジュアルな空間でした。

メニューを見てみると、『雲丹ローストビーフ丼』ありました!

ゴッチーズ・ビーフ メニュー1日限定10食!などの数量限定メニューは既に売り切れ状態で少しヒヤヒヤしましたが、お目当ての『雲丹ローストビーフ丼』はまだ注文できる模様!これで一安心…。

雲丹ローストビーフ丼』は1,680円(税別)で、ランチにしてはまあまあいいお値段。雲丹が乗ってるんだもん、仕方ないよね。明日のランチは安く済ませよう…。

他の料理には目もくれず『雲丹ローストビーフ丼』を即座に注文!

待つこと10分程度でしょうか…

遂に…

雲丹ローストビーフ丼が…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

雲丹ローストビーフ丼

雲丹ローストビーフ丼

ゴッチーズ・ビーフのホームページに掲載されていた雲丹ローストビーフ丼と盛り付けは少し違いましたが、雲丹!ちゃんと乗ってます!

ウニビューサイドからの眺めがこちら。
雲丹ローストビーフ丼

上空からの写真もどうぞ。
雲丹ローストビーフ丼いやー、まさかローストビーフ丼と雲丹を同時に食べる時が来るなんて全く想像してなかったですね。

では早速…。

黄身を崩して、少し大きめのスプーンにご飯と、ローストビーフと、雲丹を乗せていただきます!
雲丹ローストビーフ丼うまい!!!!

最高だ…。

崩した卵黄と少し甘めのタレでコーティングされた柔らか〜いローストビーフは、ご飯との相性抜群!さらに追い打ちをかけるように、雲丹のまろやかな風味が口の中を支配する!最高のハーモニーだ。

合うと思わなかったお肉と海の幸がまさかこんな形で絶妙にマッチするとはね。

さらに、丼に一緒に添えられたワサビを乗せて食べると、これまた美味しい!ピリッとしたアクセントが加わりベリーナイスです。
雲丹ローストビーフ丼ローストビーフだと通常は西洋ワサビを薬味として使いますが、今回は「うに」なので、それに合わせてワサビにしたんでしょうね。

どんどん箸が進み、気付いたら完食してしまっていました。ごちそうさま!
雲丹ローストビーフ丼ちょっと贅沢なランチでしたがまた食べに来たいです。

ローストビーフ好きの方はぜひお試しください!
ローストビーフと油そばを融合させたローストビーフ油そばもかなりおすすめですよ!

Gottie's BEEF(ゴッチーズ・ビーフ)オフィシャルサイト