大人気ラーメン屋「麺屋武蔵」にて、ロッテガーナとコラボした『つけガーナ2017』の販売が開始されました!

つけガーナ」は、麺屋武蔵の“つけ麺”とロッテの“ガーナミルク”が融合したチョコレートつけ麺で、今年で9年目を迎えたバレンタイン恒例の期間限定商品。今年2017年も装いを変えて登場しました。ちなみに、筆者は2017年が「つけガーナ」初挑戦です。

期間・店舗・数量限定販売で、販売期間は本日2017年2月3日(金)〜2月14日(火)、麺屋武蔵の新宿総本店、浜松町店、芝浦店の3店舗にて各店毎日20食限定で提供されます。価格は1080円(税込)。

「チョコレート&つけ麺」といういかにも不味そうなコラボに全く気乗りしませんでしたが、意を決して食べに行ってきました。

麺屋武蔵とロッテガーナがコラボしたチョコレートつけ麺『つけガーナ2017』実食レビュー

向かったのは11時15分に開店する麺屋武蔵 浜松町店。開店時間の10分前に到着するとまだお客さんの姿はありませんでしたが、5分前になった頃からぞろぞろと列ができ始めました。
麺屋武蔵 浜松町店開店10分後には15席以上あるカウンターとテーブル席が満席。今まで開店と同時に行ったことがなかったけどこんなに人気があるとは…。

麺屋武蔵でははじめに食券を買うタイプのお店。食券タッチパネルの一番左下に『つけガーナ2017』がありました!トッピングで「角煮」と「チャーシュー」を追加できるようです。
つけガーナ2017

『つけガーナ2017』は大盛りにできない

席について食券を渡す際に「麺の量はどうしますか?」と聞かれ「普通」にしてもらいました。その後改めて「大盛りも選べるんですね」と確認したところ、訂正され「つけガーナは大盛りにできません」ということでした。
つけガーナ2017
「つけガーナ入りました〜!」

何となく恥ずかしさも覚えましたが、さすが麺屋武蔵、威勢がいい!麺の湯切りの時も店員のみなさんで「よいっしょー!」的な掛け声があり、店内は常に活気がありました。

1杯にガーナミルク約1.5枚も使用した『つけガーナ2017』

待つこと10分位でしょうか。つけガーナ初日の最初の1杯とあって、提供される直前に複数の店員さんで盛り付けなどの確認が行われ、つけガーナが運ばれてきました!

つけガーナ2017

つけガーナ2017

これが「つけガーナ」か!運ばれてくるまで匂いはしませんでしたが、目の前に置かれた瞬間にあま~いチョコレートの匂いが薫る…。ペヤングチョコレートを食べた身としては嫌な予感しかしません。見た目は麺のど真ん中に異様なモノが盛られていることを無視すれば、赤や緑など色鮮やかで美味しそうに見えます。おしゃれ感も漂ってますね。

麺はつけ汁に絡みやすい中太麺。豚バラベーコン、カブのマリネ、ミックス野菜のほかに、ガーナミルク1かけ、ガーナミルクを使ったフォアグラボールがトッピングされています。また、麺全体になにやら赤いパウダーがふりかかっています。
つけガーナ2017丸いのがフォアグラボールです。コロッケではありません。ガーナミルクにローストしたアーモンドを入れた生チョコを、フォアグラのテリーヌで包んだものとのこと。気になりますね…。

お次はつけ麺に欠かせない「つけ汁」。つけ汁にはなんとガーナミルク1.3枚が入れられていて、牛コンソメベースのスープに、根菜をあわせたスープになっているそうです。色は思ったより薄い茶色で、カレーみたいな色。その上には麺と同じく赤いパウダーがふりかけられています。

つけガーナ2017

つけガーナ2017のつけ汁

こちらに麺を絡ませて食べます。

いざ、つけガーナ2017実食!美味しくて良い意味で裏切られた

ここまで来たら躊躇しても仕方がないので、ガーナチョコのつけ汁にガッツリつけていただきます!
つけガーナ2017ウマ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

え…?ウソだろ?想像していた味と全く違った!

甘いチョコレートが絡んだ麺を食べて「オエェェェ」となることを薄っすら期待すらしていたのですが、そうはならなかった!

牛コンソメベースのつけ汁がとても濃厚でありながら、後味は野菜をじっくり煮込んだような優しい風味に仕上がっています。

肝心の、大量に加えられたガーナミルクチョコレートの味は全くと言っていいほど感じられません!カレーの隠し味にハチミツやチョコレートを入れることがあるように、もはやガーナチョコはつけ汁の隠し味と化しています。チョコレートのおかげか、つけ汁はまろやかさとコクが半端ないです。麺との相性も良し。

また、トッピングされている2枚の大きなベーコンは燻製で、こちらもかなり美味しい。つけ汁や麺ともバッチリ合います。
つけガーナ2017マリネや野菜は酸味があり、さっぱりしているので、箸休めとして食べるほうがいいかもしれません。つけ汁や麺と一緒に食べてもいいですが、つけ汁の味に負けてしまいます。赤いパウダーはなんだかよくわからなかったですが、少し甘かったです。

「フォアグラボール」が神ウマ。ぜひ単品でも売って欲しいレベル

そして、気になっていたガーナミルクの生チョコをフォアグラで包んだという「フォアグラボール」。声を大にして叫びたいことがります。
つけガーナ2017

フォアグラボール美味すぎるんじゃーーーーい!!!

フォアグラボールはそのまま食べても、つけ汁に混ぜてもいいという情報があったため、まずはそのまま食べてみました。お箸で割ってみると真ん中にチョコレート、その周りの黄色っぽいのがフォアグラです。大きさは直径4〜5センチくらいでしょうか。
つけガーナ2017あまり期待していなかったのですが、フォアグラの味がしっかりしていてとても濃厚。意外にもフォアグラと生チョコの相性がかなりよく、チョコに入っている香ばしいアーモンドがアクセントになっていて神がかったウマさ。フォアグラは高級食材である世界三大珍味の1つですが、1,080円のラーメンにトッピングされててもいいのかなというぐらい濃厚で美味しいです。

その後つけ汁にも混ぜて食べてみましたが、フォアグラボールはそのまま食べたほうが良しです。汁に混ぜるとまろやかで奥深いコクが出ますが、濃厚なつけ汁に完全に支配されてしまうためせっかくのフォアグラと生チョコが台無しになってしまう気がするのです。ぜひそのまま食べて欲しい逸品です。

そして、フォアグラボールを単品で売って欲しい!1個300円でも買います!500円でもたまに買います!絶対にウイスキーなどお酒の良いつまみになりますよ。最高に気に入りました。麺屋武蔵さん、ロッテさん、ぜひご検討ください。

1かけ乗せられたガーナミルクはお口直しにそのまま食べました。美味しかったです。初めて箸でチョコレートを掴みました。
つけガーナ2017

つけ麺といえば最後の「スープ割り」。スープ割りも『つけガーナ』仕様

全ての麺を食べきった頃、店員さんが「スープ割り」用のポットをわざわざ持ってきてくれました。“わざわざ”と書いたのは、カウンターには常にスープ割り用ポットが置かれているからです。そこで何か違うのか聞いてみると、どうも『つけガーナ2017』専用らしい。
つけガーナ スープ割り店員さんいわく通常は「魚ベース」だが、つけガーナ用は「紅茶ベース」のスープで割ってもらうらしい。ここまでこだわっているとは…。チョコと紅茶の組み合わせにはかなり納得感がありますね。

つけガーナの残り汁に、紅茶スープを入れてみました。飲んでみると、さらっとしたじゃがいものポタージュのような、野菜スープのような優しい味です。割る前より野菜感が強くなった気がします。最後の締めに、ほっと一息入れることが出来ました。
つけガーナ スープ割り

実際に『つけガーナ2017』を食べてみて、まさかこんな結果になるとは思ってませんでした…。普通はチョコレートが入ったつけ麺を見かけても敬遠しちゃうと思いますが、『つけガーナ2017』は本当に美味しかったです。時間とタイミングが合う方は是非挑戦してみてください。また、今回お店の滞在時間30分中に「つけガーナ」を頼んだのは筆者含めて3人でした。今後の話題に左右されると思いますが、ちょっと遅めのランチタイムに行っても限定20食に間に合うかもしれません。

改めて言いますが、フォアグラボール、神ウマです。

麺屋武蔵『つけガーナ2017』
・販売期間:2017年2月3日(金)~2月14日(火)
・販売店舗:麺屋武蔵 新宿総本店、浜松町店、芝浦店
・販売数量:各店1日20食限定
・価格:1,080円(税込)